Products

Products

取扱商品

Carbon

炭素材商品

炭素材商品

石炭コークス
(高炉用・一般産業用)

石炭を乾留して生成した高炭素物質(=炭素のかたまり)です。
乾留とは空気を遮断して加熱することで、石炭をコークス(固体)・ガス(気体)・タール(液体)に分解する工程を指します。
国内品・輸入品を取り扱っており、お客様の要望に合った品位・サイズ・荷姿でお届けします。

主な使用用途

高炉塊(30-100mm): 高炉用、ゴミ溶融炉用、非鉄製錬用
小中塊(10-30mm): 電炉用(加炭材)、石灰焼成用、合金鉄製造用、非鉄製錬用
粉(0-10mm): 電炉用(加炭材・吹込材)、電極製造用詰粉、非鉄製錬用

石炭コークス(鋳物用)

キュポラでの鋳鉄製造用に使用し、原料の一部であり、主要熱源となります。
高炉用コークスよりサイズが大きく、灰分が低いという特徴があります。
国内品(日本コークス工業㈱製)と中国品のいずれも取り扱っています。
国内各地に在庫拠点を構え、迅速かつ安定的な納入体制を築いています。
また、お客様のご状況・ご要望に応じた各種コークス代替品にも対応します。

主な使用用途

鋳鉄製造用(自動車部品、産業用機械、鋳鉄管 など)

CDQ粉コークス

コークス乾式消火設備(CDQ設備)で回収された微粉コークスです。
乾燥コークス粉(水分1%以下)であり、微粉状(0.1mm以下: 50%前後)であることが特徴です。
荷姿は、バラ(ジェットパック車)またはフレコンバッグ(主に800kg入)です。

主な使用用途

電炉用吹込材

煆焼無煙炭

無煙炭を焼成し揮発分を低くしたものです。中国産などの輸入品を取り扱っています。荷姿は、バラ(ダンプ車)またはフレコンバッグです。

主な使用用途

製鋼用加炭材、電炉用加炭材

生石油コークス
(国産・輸入品)

原油を常圧蒸留、さらに減圧分留(真空状態で蒸留)し、ガソリン、灯油、軽油などに分留した後、コーキング装置で高温の熱で分解し、石油コークスが生産されます。
国産石油コークスに加えて、米国・カナダ・中国産などの輸入品も取り扱っています。

主な使用用途

鉄鋼製造用、セメント焼成燃料、ボイラー燃料用 など

無煙炭

炭化度が高く、揮発分は低いため、燃焼しても煙が少なく良質な石炭とされています。
当社ではベトナムなど海外産の無煙炭を取り扱っており、セメントメーカー、一般産業向けに広く販売しています。

主な使用用途

鉄鋼製造用、セメント焼成燃料用、練炭・豆炭製造用、ボイラー燃料用 など

コールタール

コールタールは石炭を高温乾留(蒸し焼き)してコークスを製造する際に副産物として得られる液状物質です。
コールタールは蒸留することでコールタールピッチ、クレオソート油、ナフタリンなどが得られ、また燃料油としてそのまま使用されることもあります。
我々は国内品・海外品共に取り扱い実績があります。

主な使用用途

蒸留用原料、カーボンブラック原料

コールタールピッチ

コールタールピッチはコールタールを蒸留することで得られ、その軟化点により、軟ピッチ/中ピッチ/硬ピッチに分類されます。
我々は国内品・海外品共に取り扱い実績があります。

主な使用用途

アルミ精錬用電極やコークスなどの粘結材、人造黒鉛電極の粘結材及び含浸材、ピッチコークス原料

ピッチコークス

ピッチコークスは、軟ピッチをディレードコーカーに装入し、乾留(炭化)させたものです。
ピッチコークスは、炭素分が非常に高く、黒鉛電極や特殊炭素製品、その他様々な加炭材として使用されます。
我々は国内品を欧米、中国、インドなど、様々な地域に輸出しています。

主な使用用途

アルミ精錬用電極原料、人造黒鉛電極原料、特殊炭素製品、加炭材 など

クレオソート油

クレオソート油はコールタールを蒸留することで得られ、主にカーボンブラックの原料として使用されます。
我々はアジアで生産されるクレオソート油の取り扱い実績があります。

主な使用用途

カーボンブラック原料

バイオカーボン

植物由来の資源を炭化することで得られ、化石燃料の代替品として注目されています。

主な使用用途

鉄鋼製造、燃料

カルサイン⽯油コークス

生石油コークスを高温処理し炭素分を高めたものです。
我々は国内品・海外品共に取り扱い実績があります。

主な使用用途

アルミ精錬用電極原料、人造黒鉛電極原料、COガス発生用、加炭材 など

Refractory

耐火材商品・原料

耐火材商品・原料

耐火れんが

耐火物とは1500℃以上の高温に耐える材料で、高温を伴う炉や産業、特に鉄鋼業における製鉄プロセスで重要かつ必要不可欠な資機材料です。
その用途、温度に応じて様々な形状と材質があり、ほぼ全ての耐火物が販売先のニーズに応えたオーダーメイド商品です。
1トンの鉄をつくるのに約9kgの耐火物が使用されており、高炉メーカー、電炉メーカーにおいて、その役割は非常に重要です。
国内耐火物消費の約8割が鉄鋼業向けで、耐火物は鉄鋼業の生産・品質を支えながら、鉄鋼業とともにに発展してきた商品です。
グローバル産業である鉄鋼業同様、耐火物もまた、世界各国で製造され、グローバルに取引されている商品です。
弊社もチェコ、ポーランドをはじめとする欧州製耐火物の輸入を中心に、国内市場はもとより、世界市場をターゲットに取引している商品です。
弊社は、その中でもコークス炉用、熱風炉用のれんがを得意とし、海外より輸入して各製鉄メーカーに販売しています。

主な使用用途

高炉メーカーコークス炉用、熱風炉用耐火れんが

電融原料

耐火物原料は、天然に産出される鉱石を粉砕、粒度調整した『天然原料』や、天然鉱石を原料とし、電気炉で溶かし固形化した後に、その塊を粉砕、粒度調整した『合成原料』で、その最大の産地と工場は中国で、我が国で消費される耐火物原料の約7割を中国に依存しています。
耐火物原料もまた、グローバルに取引されている商品で、天然原料、合成原料共に世界各国で産出、製造されています。
弊社ではハンガリー製の原料(電融アルミナ、電融スピネル、電融ムライト)を中心に輸入販売していますが、顧客ニーズに応じたグローバルな取引を目指しています。

主な使用用途

各種耐火物(例 半導体基板焼成用窯具)、研磨材に使用

海水マグネシアクリンカー

マグネシアクリンカーは鉄鋼業やセメント業のような高温処理がなされる窯炉用耐火物原料として多量に使用されます。
マグネシアクリンカーの原料としては、天然産のマグネサイト鉱石と海水があります。海水については、溶存する多くの元素の一つであるマグネシウムイオンをアルカリ原料と反応させることで水酸化マグネシウムとして回収後、焼結(加熱により粒子を結合させること)して得られるマグネシアを『海水マグネシアクリンカー』と呼びます。
資源に乏しい我が国においては、マグネサイトはほとんど産出しませんが、良質な石灰石は豊富に産出します。
豊富な石灰をアルカリ剤とし海水から製造される海水マグネシアクリンカーを海外向けに輸出販売しております。

主な使用用途

各種耐火物(例 貴金属溶解るつぼ用原料)に使用

Contact